HOME > 会社紹介 > 沿革

株式会社オダギリ会社紹介

沿革

昭和6年   1月 東京都台東区に於て小田切栄一により創業セルロイド生地卸
売問屋として小田切商店を設立
昭和16年   4月 株式会社小田切商店となる
昭和20年   3月 統制令により企業整備となる
昭和21年     4月 合資会社小田切商店として再発足する。
昭和29年 11月 小田切栄一社長死去
昭和29年 

12月 小田切満寿雄社長就任

昭和32年  10月 株式会社(資本金500万円)に改組
昭和38年     7月 品川区五反田に城南営業所を開設
昭和45年  10月 中野区中野本町に城西営業所を開設
昭和46年     2月 城南営業所を品川区大井に拡充移転・城西営業所を杉並区
和田に拡充移転
昭和46年     4月 株式会社オダギリと商号変更
昭和48年     1月 資本金を1,000万円に増資 横浜市西区に横浜営業所を開設
昭和48年     1月 城西営業所を杉並区上荻に新築移転
昭和50年   3月 資本金2,000万円に増資
昭和54年  12月 本社オダギリビル完成
昭和55年     1月 創業50周年式典
昭和55年   5月 川崎市川崎区池上町に川崎工業用センター開設
昭和58年   2月 資本金3,000万円に増資
昭和59年   1月 川崎センターを移転、向島物流センター開設
昭和61年   4月 北関東オダギリ株式会社を群馬県高崎市に新設
昭和62年   3月 組織変更に伴い事業部制とする。営業所から事業部へ
昭和62年   7月 横浜事業部を独立し横浜オダギリ(株)瀬谷区に移転する。
昭和62年   7月 資本金を8,000万円に増資
向島物流センターを足立区東保木間2丁目28番7号に移設、
足立センターと称し物流の要所となす。
足立区東保木間に城北事業所新設、新オンライン化。
平成11年   3月 営業本部を設置。事業部制を支店・営業所とする。
平成13年
  1月
  6月
  9月
創業70周年を迎える
埼玉営業所を設立
城南支店を大田区東糀谷に移転
平成14年     2月
  7月
小田切達雄社長就任、小田切満寿雄会長就任
本社1Fをショップ&ショールーム改装
平成15年  11月 小田切満寿雄会長が旭日双光章受賞
平成17年     3月
  9月
東京信用金庫協会より優良企業表彰にて審査員特別賞受賞
埼玉営業所を埼玉市内谷に移転
平成21年 12月 城西支店をさいたま市内谷に移転し、埼玉営業所を統合
平成23年    1月 創立80周年を迎える

トップへ